Monday, April 13, 2009

一年目の手紙

っていうのが今流行ってるらしいんで私もやってみたw

興味のある方はこちら→「一年目の手紙」

でー、やってみた結果の手紙がコレ↓(笑)

【凪砂さんの恋人からお手紙が届きました。】

--------------------------------------------------------------------------------

今日で付き合ってからちょうど1年。って、凪砂のことだから言われなくても分かっているとは思うけど。
節目なので総括の意味も込めて、珍しく手紙を書きます(笑)。

とはいえ何から書いたらいいんだろう。
そういえば、「スーツ以外のときは会わない」とか言うのやめてほしいんだけど…。って、わざわざ記念日に書くようなことじゃないな。別の話から入ろう(笑)。

そうそう、最近思うんだけど、凪砂ってすぐ「私のこと好きじゃない気がするから別れる」とか言うよね。おれは何も言ってないのに。電話すると、いきなり思い詰めててびっくりするときがあるよ。
おれってそんなに信用されてないかね?この一年間で別れたいと思ったことなんか一度もないけど、「別れたそうだから…」ってのは10回は言われたと思う。もう少しどんと構えていてほしいんだけどな。

正直言えば、ここのところ、おれは疲れていると思う。おれなりに一生懸命付き合っているつもりなんだけど、あまり信頼されていないし、凪砂の笑顔も最近は見てないし、窮屈な気分だよ。感謝もされないし、文句ばかり言われているようなイメージ…。
凪砂は凪砂で、自信がないんだと思うんだよね。昔からそうだったし。でもおれは、そうやって凪砂の弱さの問題をおれにぶつけてくるのが不満。おれは凪砂のそばにいないよりいるほうがいいはずなのに、なんでこんなに文句言われるんだろうって思うよ。

てか、記念日のわりに内容がひどいな…。話題が暗すぎる…。
よし、良い方向に話を変えよう。

なんだかんだ言って、おれは凪砂には感謝してるんだ。
凪砂は、色で言えば濃いオレンジなんだよね、おれにとって。一緒にいて楽しいだけじゃなくて、理解のある暖かい感じが混ざっている。赤でも黄色でもなくオレンジ。その存在自体がおれのエネルギーになってきたと思うし、おかげでこの一年間は充実していたと思う。

凪砂が言っていた「不安に負けることがあっても、逃げ出さずに必死についていきたい」っていうセリフをおれは今も大切にしているし心に留めているから、おれはこれからも凪砂の期待に応えたいし、これからも一緒にいたいと思っているよ。凪砂の気持ちもあのときのままだと嬉しい。

これからもたくさんすれ違いとかあると思うけど、二人なりに、支え合いながら進んでいこう。あ、それと、会うたびにおれの服装に点数つけるのはやめてくれ…。

では、これからも末永くよろしく。凪砂がいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.誕生日にあげた指輪をオークションで売って、かに道楽に行ったらしいな。


--------------------------------------------------------------------------------

どうなんだ?コレ(笑)

自分的には一部マジあたってる・・・と思ってしまったのがイタイwww

| | Comments (0) | TrackBack (0)