« 人生、いろいろ~♪ | Main | Birthday »

Sunday, January 25, 2009

You do want to believe by you or can believe?

今日はちょっとした愚痴。

人間関係を形成するに置いて「信じる」というのはとても重要なことだと思います。

学生時代、社会人になってからは会社で、趣味を通じて。

あらゆる場において「出会い」はあり、たくさんの「出会い」の中から「友達」や「知り合い」ができ、交友関係が広がっていく。

そこに常につきまとうのが「相手を信じるか?」ということだと思います。

私を知っている人からは否定されるかもしれませんが・・・

私は基本的にはそうそう人を嫌いにならない方だと思います。

少しでも接点が出来れば、基本的にはその人のことは信用します。

ある程度信用した上で、さらに信ずるに値するかどうかを、その後の付き合いの中で見定めていく方だと思ってます。

ではどう判断するのか?

友達や知り合い、あるいは会社関係もそうですが、私の場合は基本的には「自分の目でその人を見て、直接話をしてみて、それから信じるに値するかしないか」判断する方だと思います。

もちろん直接会うことの出来ない立場だったり状況だったりすることもあるので、そういう場合は電話なりなんなりで「話をしてみて」判断するしかないわけですが・・・。

とにかく、付き合いを続けて行く過程で相手の人となりを見て、少しずつ積み重ねていくものが「人を信用する」ということなんだと思ってます。

「人を信じる」っていうのは簡単なようですごく難しいことですよね。

はたからはそう見えないかもしれないけど、私自身けっこう数多く壁にぶつかってます。

同じ壁に何度もぶつかることもあれば、そうでないことも・・・。

でも基本負けず嫌いなんで、壁が出来れば当然壊したくなります。

どうすれば壊せるか?試行錯誤しながら、相手の反応を見ながら、少しずつでも壊しにかかります。

たとえ時間かかっても、自分が出来るところまで、ヘタすれば「しつこい」と思われるぐらい力を尽くして壊しにかかります。

そうやって大抵の壁は壊してきたつもりです。

ただ、どうしても自分の中でその「壁」があること自体、というか・・・「壁」が出来たこと自体に納得いかないときがあって、そういう時は納得できるようになるまで「壁」には手をつけないこともあります。

手をつけないまま、崩れずに残ってる壁もあります・・・。

手はつけたけど、結局崩せずに断念した壁もあります・・・。

そうして残ってしまった壁は、その相手と私の距離感にも影響してきます。

理由はなんにせよ、壁があることで距離は当然離れるわけで・・・離れてしまえば信用しない、というわけではありませんが、ある程度は信じるけどでもここからは信じない、って言う線引きをしてしまいます。

いけないことだと思うんですけどね;;

でも、線引きしたからといってそれが消えてなくなることが無いわけじゃないです。

相手に変化があったり、自分が変化したり。周囲が変化したり。

生きていれば人生色々ありますから。

それまでダメだと思っていても、ほんのちょっとしたささいなことで分厚かった壁が薄い膜みたいになることだってありますよね。

元々、私自身諦めの悪い方だし(笑)

ただ、諦めが悪い分、一人で抱え込んだり考えすぎて、頭がぱつんぱつんになってしまうことはしょっちゅうです。

今丁度そんな状態です。

「じゃー誰かに相談すればいいじゃない!?」とも思うんですが・・・

基本自力解決型なので(笑)

それに、ぱつんぱつんとはいっても、自分で解決しなきゃなんにもならないことだし、誰かに頼ることはあまり好きじゃないので・・・。

でも、なんとなくちょっとグチりたくなっちゃったのよね(笑)

まーただのたわごとと思ってスルーしてもらってOKですんでw

|

« 人生、いろいろ~♪ | Main | Birthday »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92966/43853154

Listed below are links to weblogs that reference You do want to believe by you or can believe?:

« 人生、いろいろ~♪ | Main | Birthday »