« April 2008 | Main | July 2008 »

Tuesday, June 10, 2008

オリンピックな話

サボってたら1ヶ月くらい間があきました。

このサボり癖を治してくれる薬があったら買うんだけどなぁ(笑)

と、いうことで北京五輪もあと2ヶ月に迫ってきましたね。

色んな競技で代表選手も決まり、今回はなんでしたっけ?選手団の主将が柔道の鈴木さん・・・だったかな?んで旗持ちが卓球の愛ちゃんに決まったらしいです。

愛ちゃん・・・女の子でちっこいのに旗持ちなんて大変そうだなぁ(^^;

ココ最近では水泳の水着の話題が結構議論を呼んでるようですね。

日本は日本水泳連盟が契約してる国内3社の水着しか今までは着れなったけど、国際大会で世界新を連発しているイギリスのスピード社の水着「レーザーレーサー」が大きく取りざたされとります。

世界新が出るなら!!メダルが狙えるなら!!!!その水着を日本もぜひ!!!!!

ってな具合でかなりの論議になってるみたい。

関西大学の水泳部で試着し実際にタイムを計ったところ、国内製の水着に比べほぼ全員が自己ベストをたたき出すほど速さが違うそうな。

デメリットとして体への締め付けがかなりきついらしく、慣れないと着るだけで30分くらいかかるって話www

先日まで開催されていた水泳の国内大会で、ついにその噂の水着着用が大会限定で認められ、16個でしたっけ?日本新記録が出たとな。

北島選手にいたってはハンセンの世界記録を抜いてついにまた世界新を出したとのこと。

こうなればやっぱり、日本水泳連盟も国内3社以外の水着使用を認めざるをえないところまできた感じですね。

ただ、ここ最近は水着の話題ばかりで、水泳選手自身は水着の話ばかりでいささか取材を受けることに疲れて拒否反応が出ているみたいです;

日本のマスコミって、ちょっと話題に上るとそればかりで泳ぐ選手自身を気遣うってことがないような気がする・・・。

北島選手が決勝前に「泳ぐのは僕だ」と書かれたTシャツを着てたことが話題になったけど、ホント、どんな水着を着て出たとしても泳ぐ選手自身の体調とかモチベーションが良くなければ記録も出ないわけだから、水着のことを聞きたいとは思うけど、もう少し選手への配慮があってもいいんじゃないかと思うな。

決勝レース後のインタビューで、開口一番「水着はどうですか?」とか聞くんじゃなく、まず選手自身に対する質問をするのが礼儀なんじゃないかと。

と、ここで私が何を言おうと意味がないわけですが。とりあえずいち個人の感想ってことで。

さて、噂のスピード社製水着。そういえば今日日本水泳連盟が使用OKな声明を発表するってーな話だったと思うんですが、問題としては、認められたとしても、水着メーカーと契約のない選手はOKでも、メーカーと専属契約を結んでいる数人の選手からすれば壁はあるわけで。

専属契約に縛られたまま契約メーカーの水着で出るか。

メーカー了解の下スピード社製を着るか。

選手は難しい選択を迫られることには変わりないわけです。

とかく日本は義理人情を大切にしなきゃいけない、という風潮もあるわけですしね。

水泳の水着問題は五輪直前まで決着がつかないのかもしれませんが・・・

いち国民としては、選手自身が後悔しないような形で五輪に出場できればそれが一番いいかなと思います。

日本水泳連盟及び選手と個人契約している国内メーカーさんには、ぜひここは大きなひろーい心を持って、契約に縛り付けずに選手の気持ちを優先でお願いしたいと思います。

最後、余談ですが・・・・

先日まで行われていた水泳の国内大会で、スピード社製の水着の他に、とある国内メーカーも選手に使って欲しいと水着の貸し出しをしていたのは知ってますかね??

ちょっと名前がうろ覚えなんですが・・・・山本化学工業??だったかな???

スピード社製の水着に勝るとも劣らない水着を開発したとのことで、水泳連盟に認められている国内3社とは別に、スピード社とともに今回の国内大会限定で選手に使用許可の出た会社なわけですが。。。

残念ながら、五輪代表選手の誰一人として、この山本化学工業の用意した水着を着ることなく大会は終わってしまったとのこと。

山本化学工業社製の水着がはたしてどんな性能を持ち、ホントにスピード社製と比べてもそん色ないのか、その実力は結果として試着されることもなくわからないままになってしまいました。

これが非常に残念でした。もし本当に山本化学工業社製の水着がいいものなら、契約3社と同じ国内メーカーが素晴らしいものを開発したことになるわけなので・・・

せめてその実力を、誰か一人でもいいから試してもらいたかったな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | July 2008 »