« スケートアメリカ開催中 | Main | ふりょうひん »

Monday, November 05, 2007

スケートカナダ

フィギュアグランプリシリーズ第二戦、スケートカナダが終わりましたー。

男子は日本人選手が出ていなかったのであまり取り上げられませんでしたが(^^;

女子の注目度は抜群ですね♪

浅田真央・中野友加里・武田奈也の3人が参戦しました☆

ショートプログラム終了時点でまさかまさか!?1位は今年シニアへ転向したばかりの日本ではまだ名の知られていないフィンランドのラウラ・レピスト、2位はアメリカのエミリーヒューズで3位にやっと浅田真央。4位中野友加里という…。

SPでは点差はほとんどないものの、真央ちゃんはコンビネーションジャンプで手を着くしステップでは少しよろけたところもあって、調子があまりよくないのかなー?と感じました;;

中野友加里も得意のジャンプで転倒があって少し出遅れた感じ…。

で、今日運命のフリー。

中野友加里は気持ちを上手く立て直してきたな、と。

今季初戦で去年飛べなかったトリプルアクセル成功。その後のジャンプ、ステップには大きなミスもなく、スピンも相変らずキレイでした♪トリプルアクセルの成功も手伝ってフリーはパーソナルベストを更新☆本人的にもすごく満足のいく演技だったんじゃないかと思います。

対する真央ちゃんは、今年はとにかく「勝ち」に拘っていきたい、という気持ちが見えました。

それまで拘って飛んできたトリプルアクセルを封印してのフリー。本人はすごく悔しかったと思います。でも、僅差とはいえSPで3位だったこと、グランプリシリーズは得点じゃなく順位に応じてつく「勝ち点」が重要なことを踏まえて、あえて「勝ちに行く、パーフェクトな演技をする」方をとって、見事フリー1位☆

彼女のきれいなトリプルアクセルが見れなかったことは残念でしたけど、それでもフリーの演技はとてもキレイでした♪

SP1位だったラウラ・レピストはやっぱり緊張とプレッシャーに勝てなかったのか、フリーはジャンプの失敗等があり点が伸びず。2位のエミリー・ヒューズもミスが多く…。

スケートカナダ1位には真央ちゃん。2位に中野友加里、3位ジョアニー・ロシェット、という結果になりました。

日本人選手がワンツー・フィニッシュで終わってくれて、結果としてはすごく良かったと思います♪

さて、私の中での今大会、スケートカナダでの一番の注目選手はやっぱり真央ちゃんです。

今年は「大人な滑り・勝ちに行く」と言っていた真央ちゃん。今大会でSP、フリーを見た感想としては「また一歩上手くなったなぁ」ということです。

これまではトリプルアクセルを始めやっぱり「ジャンプ」が彼女の代名詞的な存在でしたが、今年の彼女のスケーティングの中でとくに注目…というか目を見張るだけの成長を感じたのはステップです♪

去年とはまったく違う、身体全体を大きく動かして刻むステップは鳥肌が立つくらい素敵でした(^^)

日本人選手ではあまり見られない、滑らかな動きは本当に素晴らしく、たった一年でこれほどわかるくらい成長するっていうことがホントにすごいと思います。

真央ちゃんの次の大会はフランス。そこでも結果に拘って、最終戦のグランプリファイナルで彼女のトリプルアクセルと笑顔が見れることを楽しみにしてます♪

そして次回はスケートチャイナ・中国大会です♪

ここではついにキム・ヨナが登場!!男子ではステファン・ランビエールが出ます♪

日本人では村主章枝、柴田嶺が登場☆

残念ながら地上波では11月10日(土)一時間のみの放送ですが…(>_<)

こちらも楽しみですね♪

|

« スケートアメリカ開催中 | Main | ふりょうひん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92966/16978744

Listed below are links to weblogs that reference スケートカナダ:

« スケートアメリカ開催中 | Main | ふりょうひん »