« アカデミー賞 | Main | 一度は行っておくべきか? »

Wednesday, February 28, 2007

Movie that I loved

せっかくなので映画のはなしの続き。

ココログの「トラックバック野郎」から「私の愛した映画」というお題をいただいちゃいます。

とはいえ「愛した」といえるほど何度も見返した映画があるわけではないんですが・・・。

記憶に強く残っている映画を少し。

1、「ローマの休日」

 言わずと知れた名画です。オードリー・ヘプバーンの代表作のひとつですね。

 そもそも私はオードリーが好きなんですよ。好きになったきっかけはこの作品ではないんですが(^^; でも、これを見たとき、モノクロなのになぜか極彩色にあふれているような気がしてすごく印象に残ってますね。頭の中で色が見えた、というか。オードリーがやっぱり綺麗で、ちょっと切ないストーリーも好きです。

2、「I am Sam」

 これも結構ヒットした映画なので知っている人も多いかと思います。

 知能障害を抱えた父親と暮らす娘がいて、娘が小学校へ入学した時父親の知能障害を理由に保護能力が無いと判断され、父娘が離れ離れになってしまうんだけど、父親が娘と一緒にまた暮らすために弁護士とともに法廷に立つ・・・という、ヒューマンストーリー。

 ショーン・ペンが知能障害を持つ父親役だったんだけど、その演技はホントにリアルで、すごかったです。娘役のダコタ・ファニングも素晴らしく、様々なシーンで流れ、印象に残るビートルズのナンバー。

 私がぼろぼろ泣いた、初めての記念すべき(?)映画です。何度見ても号泣してしまう;;

3、「オペラ座の怪人」

 これも比較的最近の映画ですね。話自体はすごーく有名。オペラや舞台ではたくさん上演されてますが、映画は私の記憶の中ではたぶん初めてだったと思い、見ました。

 期待以上のできでした♪ファントムとクリスティーヌの間に恋愛感情があった、という設定自体がたぶん初めてだったと思うんですが、とにかくファントムの妖艶さがすごく際立っていて、随所に入る歌も素晴らしく、ラストに残る物悲しさが特に印象深かったです。

とまあ、私の心に強烈な印象が残っている3つの作品でした。

|

« アカデミー賞 | Main | 一度は行っておくべきか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92966/14069900

Listed below are links to weblogs that reference Movie that I loved:

« アカデミー賞 | Main | 一度は行っておくべきか? »